<

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃって模擬試験

  • 2008/05/25(日) 22:42:10

昨日、日商簿記3級試験の受験票が届いた。

いつの間にか試験日まであと2週間ということになってしまったワケで
さすがに今までのようにのんべんダラリとしたペースではヨロシクない。

というわけで、いっぱつ気合いを入れるべく
以前申し込んでいた大原の公開模試を受ける運びとなった。

「公開模試」とはいいながら、会場ではなくて自宅受験。

申込のときにあまりよく確認していなかったので
実は自宅受験なのだということは、テスト一式が送付されてくるまで気づかなかった。
模試の受験票が届くものとばかり思っていたから
案に相違してテスト一式が送られてきたのを見た時は

(・з・)アルェー?

となってしまったけど時既に遅し。

しょうがないので、せめて時間だけは実際の試験のスケジュールに
合わせようということで、試験開始時刻の午前9時に
私の「なんちゃって」模擬試験はスタートした。

といっても私の部屋には勉強机なんて気の利いたものはなくて
普段リビングで使ってるテーブルでやらざるを得ないわけだけど
このテーブルがまた、参考書やらレンタルしてきたDVDやら
飲みかけのコーヒーなどが雑然と置いてあるというシロモノで、
下手したら採点すらしてもらえないかもしれないと不安になるくらい
緊張感のない環境下での受験となってしまった。

そんな状況下で、もくもくと試験に取り組むこと2時間―

あまり時間配分とか考えずにやってしまったもんだから
おしまいの方は時間が足りなくなってしまい
ぽつぽつと解答してない箇所を残しつつ無情にも時間切れ。

この模試は原則、自己採点方式みたいなんだけど
答案用紙を返送すれば添削とかもやってくれるんだそうだ。

なので、答案をコピーして、オリジナルの方は
後でコッソリ修正とかができないように返信用封筒に入れて
しっかり封をしておく。

さて、自己採点。

第1問の仕訳の問題は、期中に売却した固定資産の
減価償却に関する仕訳でしくじってた。
固定資産を期中で取得したり、あるいは期中で売却した場合は
期首から売却した日までの減価償却費を月割りで計上しないといけないんだっけ。

この辺、初級シスアドを受験した際にもちょっとかじってたハズなんだけど
やっぱり度忘れしていた模様。

第2問は勘定を記入する問題。
これについては、問題じたいもさほど難しくなかったし
解き方のプロセスも特におかしな点とかなかったようだし、大丈夫みたい。

第3問。 合計残高試算表と売掛金明細表・買掛金明細表を作成する問題。

売掛金明細表と買掛金明細表については、仕訳さえちゃんとやってれば
たぶん大丈夫・・・といいながら
1箇所しょーもない転記ミスをやらかしてしまっていた。
幸い、採点箇所ではないところだったので失点にはつながらなかったけど、
この試験って、1問あたりの配点が意外に高かったりするので
この手のケアレスミスってけっこう命取りになりかねない予感。
・・・気をつけないと。

で、肝心の合計残高試算表のほうだけど。

なんかね、これもね。
しょーもない転記ミスだとか、計上するの漏れてたりとかポロポロあって
これも幸いほとんどが採点とは関係ないところだったから
ボロボロなわりにはそんなに大きな失点には至らなかったとはいえ
明細記入時点でこんだけボロボロしょーもないミスがあるくらいだから
合計残高なんて合うわけがない。

合計残高のミスマッチに関しては後で考えよう、と
うっちゃらかしにしたまま結局時間が足りなくてそのままにしてたんだけど
それにしても、このケアレスミスの嵐はなんなんだろう?
居眠りでもしてたんだろうか私?

これって結局、集中力の問題ってことになってくるのかな。

さて、第4問は伝票の勘定科目を推定する問題。
これはパズルみたいで結構楽しかったけど、
はじめに仕訳するというステップをはしょってしまったためか
一問ミスってしまった。
横着するのはやっぱりよくないね。

ラスト、第5問は精算表を作成する問題。
精算表を作成するに先立ち、期末修正用の仕訳をする必要があるんだけど
この期末修正用の仕訳が実に奥深いというか手ごわいというか
考えさせられる性質のもので、問題文を読んだだけであまり深く考えずに
仕訳していたらことごとく間違えてしまっていたOrz

この場合は単なるケアレスミスではなくて、どちらかというと
私の修行不足によるところが大きいので、悔しさはあったけど
点数稼げるところを取りこぼしたときの、あのやるせない悔しさとは違って
なんか、すがすがしい敗北感というか、んー、うまく表現できない。

結局、第5問に関しては、記入した答えはことごとくペケポン!という、
見事なまでに「してやられた」カタチになってしまった。
今まで基礎的な問題演習ばっかりやってきたけど、これからは本番を想定して
もっと実戦的な問題にも取り組んでいかないとダメなわけね。

で、今回の模試の結果は100点満点中 61点―

どうみても不合格です。 本当にありがとうございました。

―じゃなくて。

いちおこの試験、70点以上が合格ラインとされているようだから
残り2週間でなんとかあと9点上乗せできるように頑張るしかあるまい。
幸い、自分の弱点というか、どういうことに注意すればいいのかというのが
なんとなく見えてきた感はあるし。

自宅受験でいまいち緊張感に欠けるなかでの試験だったけど
なかなか得るものはあったのではないかという気がする。


でも、やっぱり会場で受験したかったなァ・・・(-∀-;)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。